忍者ブログ

Fluid Motionのモード1とモード2の違い

Fluid Motionのモード(CmMode_FrameRateConvの設定値の事で今はBlueskyFRC.exeでのAFMモードとして設定可能)での違いについて挙動報告をお願いしていたのですが、Ritさんからご指摘があり改めて確認して分かった事があったので記事にしました。

どうやら、中間フレームの生成パターンに違いがあった様で、1サイクル(5出力)が、

モード1:オリジナルフレーム->中間フレーム->中間フレーム->オリジナルフレーム->中間フレーム...



モード2:オリジナルフレーム->中間フレーム->中間フレーム->中間フレーム->中間フレーム...



の様になっていて、7750でモード2の方が滑らかに感じたのはこの違いによるものだった様です。

という事で報告テンプレを再度改定しました。既にAPUでご報告して下さった方でも24pの中間フレームの生成パターンだけ再度ご報告いただけたら幸いです。
(既にBlueskyFRC側で何が変わるという訳ではなく、個人的な興味となっているのでスルーして下さっても全く構いません)

・ソース動画(Tacさんに提供していただきました)
http://www1.axfc.net/u/3375495.zip

・Bluesky Frame Rate Converter 0.2.0
http://bluesky23.yukishigure.com/BlueskyFRC.html

ドライバはCatalyst Omegaを使用し、Catalyst Control Center (CCC)に「流体モーション」の設定が表示されている場合はチェックをオンに、同じくCCCで「サポートされたビデオプレーヤーアプリケーションでビデオ画質の機能を有効にする」のチェックをオンにして検証して下さい。

以下、テンプレ
--------------------------------------------------
■GPUまたはAPU名
■モード 0(同梱されているBlueskyFRC.exeでの設定)
・Catalyst Control Centerの「流体モーション」設定の有無
・メッセージボックスの内容(※1)
・フレーム補間テスト用素材24fpsと30fpsそれぞれの中間フレーム生成パターン(※2)
■モード 1
・Catalyst Control Centerの「流体モーション」設定の有無
・メッセージボックスの内容(※1)
・フレーム補間テスト用素材24fpsと30fpsそれぞれの中間フレーム生成パターン(※2)
■モード 2
・Catalyst Control Centerの「流体モーション」設定の有無
・メッセージボックスの内容(※1)
・フレーム補間テスト用素材24fpsと30fpsそれぞれの中間フレーム生成パターン(※2)
■その他、お気づきになった点など
--------------------------------------------------
※1
メッセージボックスの内容については以下の四通りで、24pまたは30p再生時の区別はありません。
(1)24p->60p および 30p->60p 変換に対応しています。
(2)24p->60p 変換に対応しています。
(3)30p->60p 変換に対応しています。
(4)フレームレート変換には対応していません。

※2
24fpsの中間フレーム生成パターンについては以下の三通りです。なお、メッセージボックスの内容が「(3)」、「(4)」だった場合は必要ありません。
(1)中間フレームは生成されず
(2)オリジナル->中間->中間->オリジナル->中間...
(3)オリジナル->中間->中間->中間->中間..

30fpsの中間フレーム生成パターンについては以下の二通りです。なお、メッセージボックスの内容が「(2)」、「(4)」だった場合は必要ありません。
(1)中間フレームは生成されず
(2)中間フレームが生成された

中間フレームかどうかは、一時停止した時に以下のスクリーンショットの右半分の様にアルファベットや数字の部分が次の文字が混ざった様な状態になっているかどうかで判断して下さい。オリジナルフレームの場合は画面左半分の様にクッキリと文字が表示されます。



よろしくお願いします。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Mode2でのCCC設定による違いについて

Mode2間の設定による差ですが、動きの早い動画を見ていると明らかに違いがあったので、検証動画を2倍速にしたもので再度確認してみました。

http://www1.axfc.net/u/3381166?key=FRC
↑こちらの28~31フレーム辺りのピンクの線を見ていただくと分かるのですが、動きの早いシーンにおける中間フレームの生成方法に以下の様な差があるようです。
 Low:動き予測によるフレーム生成重視
 Medium:上と下の中間
 High:二重化重視

無題

a10-7850k win8.1 MPC-HC(x64)
この環境下でBlueskyFRC0.2.0(x64)のモード1でヌルヌルしてるんですが、
再生時にCPUクロックが30倍に固定されてしまいます。
おま環なのかCCCの仕様なのか、、 同じような方は居ませんか?

動作報告です。

■GPUまたはAPU名
A10-7800
■モード 0(同梱されているBlueskyFRC.exeでの設定)
・Catalyst Control Centerの「流体モーション」設定の有無
無し
・メッセージボックスの内容(※1)
(2)
・フレーム補間テスト用素材24fpsと30fpsそれぞれの中間フレーム生成パターン(※2)
(1) 24fps

■モード 1
・Catalyst Control Centerの「流体モーション」設定の有無
無し
・メッセージボックスの内容(※1)
(2)
・フレーム補間テスト用素材24fpsと30fpsそれぞれの中間フレーム生成パターン(※2)
(2) 24fps

■モード 2
・Catalyst Control Centerの「流体モーション」設定の有無
有り
・メッセージボックスの内容(※1)
(1)
・フレーム補間テスト用素材24fpsと30fpsそれぞれの中間フレーム生成パターン(※2)
(1) 24fps
(1) 30fps
■その他、お気づきになった点など
BlueskyFRC が 0.1.0 から 0.2.0 になった事で、モード 2 に於いても一応描写だけは
されるようになりました。1 Frame 毎にダークグリーンのみのフレームが挟まれる感じで
点滅している様な状況です。実際にフレーム補間はされていません。

Re:動作報告です。

再度ご報告してくださりありがとうございます。

三度目のお願いとなってしまいますが、よろしければ、Catalyst Control Centerで「サポートされたビデオプレーヤーアプリケーションでビデオ画質の機能を有効にする」のチェックをオンにしてから「モード0」で24p->60p変換が動作するか確認していただけないでしょうか?
http://bluesky23.yu-nagi.com/bfrc/howto/ccc_gs.png

お時間が有ればで結構です。
もちろんスルーしていただいても全く構いません。

  • Bluesky
  • 2014/12/28(Sun.)

無題

A10-7850KおよびA10-7800での検証をしました。
モード1で24p→60pのFluidMotionができることは確認済ですが、それに加えてDxVA CheckerにてCmSupp_FrameRateConvの値を2にすることでこの2つでも30p→60pにおいての中間フレームが作成され、FluidMotionが効くことが確認できました。

Re:無題

再度ご報告してくださりありがとうございます。

CmSuppについては完全に盲点でした。
次のバーションでAFMモード設定時にCmSuppについても変更する様にします。
---------------------------------------------------------------
追記:
一点、確認させて下さい。
モード1(CmModeが1)の場合にCmSuppを2にしたら30p変換が有効になったという事で良いでしょうか?それともモード2(CmModeが2)の場合にCmSuppも2にしたら、という事でしょうか?もし、前者なら後者についても確認していただけたら幸いです。
---------------------------------------------------------------

一つお願いがあるのですが、モード2+CmSupp=2の場合の24p->60p変換における中間フレームの生成パターンが、
(1)オリジナル->中間->中間->オリジナル->中間...
(2)オリジナル->中間->中間->中間->中間..
のどちらになっているか確認していただけないでしょうか?

お時間が有ればで結構ですし、もちろんスルーしていただいても全く構いません。

  • Bluesky
  • 2014/12/29(Mon.)

CCC の設定変更後動作確認

「サポートされたビデオプレーヤーアプリケーションでビデオ画質の機能を有効にする」に関し、
早速チェックを入れた上でモード 0 にて 24fps のフレーム補間テスト用素材の確認をしました。
結果としましては Fluid Motion によるフレーム補間は行われませんでした。(30fps も同様に NG)
ダイアログのメッセージは「24p->60p 変換に対応しています。」と一応は表示されています。

Re:CCC の設定変更後動作確認

公式対応GPUでその設定をオンにするとモード0でも動作したとの報告があったのでもしかしたらと思ったのですが変わりない様ですね。

ありがとうございました。

  • Bluesky
  • 2014/12/29(Mon.)

CmSupp_FrameRateConvとモードの確認

前回書いたKaveriの続きです。
"モード1(CmModeが1)の場合にCmSuppを2にしたら30p変換が有効になった"ということです。モード2では、CmSuppを2としてもやはり中間フレームは生成されず、緑色の何も描かれていないフレームが差し込まれます。数値は0・1×、2・3○、4・5×・・・のようになぜか2おきに有効・無効が繰り返されます。それ以外の数値の違いによる動きの変化はサンプルでは確認できませんでした。
それと24pの中間フレームのモードの方ですが、
オリジナル→中間→オリジナル→中間→中間→オリジナル・・・
という動作、表で言うところの△動作になりました。念のため、CmSuppを0~3に変更してみましたが、24pの変化は見られませんでした。

Re:CmSupp_FrameRateConvとモードの確認

ありがとうございます。
Version0.3.0でCmSuppについても設定する様に変更しました。

>それと24pの中間フレームのモードの方ですが、
>オリジナル→中間→オリジナル→中間→中間→オリジナル・・・
>という動作、表で言うところの△動作になりました。

すいません。これについてはモード2で動作したものと勘違いしてお聞きしたものでした。その後、追記した時点でモード1だった場合は必要ない旨を書くべきだったのにそのままになっていました。余計なお時間をとらせてしまって申し訳ありません。

  • Bluesky
  • 2014/12/30(Tue.)

無題

このコメントは公開希望です。

モード2とモード1でいくつかの動画を再生したところ、モード1の方が優秀な画質だと感じました。
24fps→60fpsでも何となく分かりますが、より正確な比較をするため30fps→60fpsでキャプチャしたものをアップロードしました。
モード2のLow~Highはほぼ同一の補完フレームとなりましたが、生成毎に僅かな違いが生じるので、Low~Highで各2枚ずつ。
それに対し、モード1では毎回全く同じフレームを生成をし、Low~High間でも全く差異がないため、各補完フレームでの画像1枚ずつのみとなります。
私の環境ではモード0がビデオ機能有効化で動作しますが、生成毎に僅かな違いが生じてもそのアルゴリズムはモード2と同じものと思われるので、モード0は含みません。
興味のある方はご覧ください。
http://www1.axfc.net/u/3382531

無題のCPU30倍固定さんへ

同じ境遇の人を発見。
で、解決方法となればいいな情報。
DxVA CheckerでCmSupp_FrameRateConv 2を設定したのち、CCCで流体モーションのチェックボックス付いているか確認して下さい。 私はコレで治りましたよ。

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 20
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

忍者 P R

PR