忍者ブログ

A's Video Converter Version 7.0.1

A's Video Converter Version 7.0.1 を公開しました。

・内部MuxerとNero AACエンコーダを使用するとシークが正常に行えないファイルが出力される場合があった不具合を修正

・分割出力時にエラーになる不具合を修正

・細かな変更と修正

http://bluesky23.yukishigure.com/AsVideoConv.html

A's Video Converter Version 7.0.0

A's Video Converter Version 7.0.0 の正式版を公開しました。

・AMD Radeon RX 480/470/460のVCEを利用したH.265/HEVCエンコードに対応
トランスコード設定の「エンコーダ」で「AMD VCE H.265 Encoder」を選択する事でH.265/HEVCエンコードが行えます。なお、ドライバにはRadeon Software Crimson ReLive Editionが必要になります。

・ハードウェアエンコーダが使用するGPUを指定出来る様にした
指定は「設定」の「GPU設定...」をクリックして表示される「GPU設定」画面から行えます。なお、仕様上Windows7ではモニタに接続されているGPUのみ選択可能です。

・AMD VCE H.264 Encoderで外部Muxerを使って出力したファイルの再生時に画面下部に緑色のラインが表示される場合があった不具合を修正

・AMD VCE H.264 Encoderでインターレース保持エンコード時に内部Muxerを使って出力した際の問題を解消
エンコーダ側の不具合により内部Muxerを使って出力した際に縦の解像度が2倍になってしまう問題を解消しました。

・VCEまたはQSVでインターレース保持エンコード時にMP4Boxを使って出力するとスロー再生になる不具合を修正

・Microsoft H.265 Encoderで作成したファイルを再生した際に一部のデコーダで正常に再生されない問題を解消
エンコーダ側の不具合によりLAV Video Decoder等で再生した場合に映像が表示されず音声のみになってしまう問題を解消しました。

・10bitフォーマット(P010)でハードウェアデコードを利用出来る様にした

・AMD Radeon用ハードウェアプリプロセッサの高品質ダウンスケーリングをRadeonのビデオ処理を利用して行う様にした

・Dolby AC3、ALACおよびFLACエンコードに対応
Windows10でのみ利用可能で、その他のOSではALACとFLACについては外部エンコーダでの対応となります。

・外部エンコーダを利用したAAC、ALAC、FLACおよびOpusエンコードに対応
外部エンコーダは以下のサイトからダウンロード可能です。なお、AACはNero AAC Encoderを利用しますが現在は配布されていません。

ALAC
https://sites.google.com/site/qaacpage/

FLAC
https://xiph.org/flac/index.html

Opus
https://www.opus-codec.org/

・複数のオーディオストリームを持つファイルの出力に対応
ストリームの選択はファイル登録後に「設定」->「ストリーム設定」をクリックして表示される「ストリーム設定」画面から行えます。なお、内部Muxerは複数のストリームには対応していないので、この場合は外部Muxerを利用して下さい(外部Muxerに設定後にストリーム設定を行って下さい)。

・5.1チャンネルオーディオに対応
ALAC、FLACおよび外部エンコーダ利用時に5.1チャンネルオーディオを受け付ける様にしました。

・MKVToolNixを利用したMKV出力に対応
以下からダウンロード可能です。
https://mkvtoolnix.download

・外部Muxer用に「タイムコードを利用する」設定を追加
外部Muxer利用時に可変フレームレートで出力したい場合はチェックをオンにして下さい。

・特定の言語圏で外部Muxerを利用した際の不具合を修正
日本語環境では問題ありません。

・LAV FiltersおよびMarumo ISDB Splitterをシステムに登録する事無しに利用出来る様にした
LAF Filterの導入方法およびMPEG2-TSファイルの変換方法を参照して下さい。

・Avisynthフィルタ使用時に変換出来ない場合があった不具合を修正

・フォルダ監視で「サブフォルダを含める」および「起動時に開始する」設定を追加
「サブフォルダを含める」設定をオンにすると対象フォルダのサブフォルダも監視対象に含まれる様になります。「起動時に開始する」設定をオンにするとA's Video Converter起動時に自動的にフォルダ監視を開始する様になります。

・言語ファイルにギリシャ語を追加

・多数の変更と修正

http://bluesky23.yukishigure.com/AsVideoConv.html

DXVA Checker Version 3.15.0

DXVA Checker Version 3.15.0 を公開しました。

・GPUベンダ独自デバイスの代替名を変更
今更ですが、「Avivo」という名称は使われなくなっているので以下の通りに変更しました。

AMD独自のデバイス:XXX_Avivo -> XXX_AMD
Intel独自のデバイス:XXX_ClearVideo -> XXX_Intel
NVIDIA独自のデバイス:XXX_PureVideo -> XXX_NVIDIA

・デコーダデバイスの代替名として「VP9_VLD_Intel」を追加

・ビデオアクセラレーション設定でIntel iGPUに対応
IntelのiGPUでDXVAによるデコードをフォーマット毎にオン・オフ出来る様にしました。

・ビデオアクセラレーション設定のUIを変更
設定自体をデコード関連とビデオ品質関連に分けて表示し、設定名も従来はレジストリのキー名そのままでしたが、分かりやすくしました(ビデオ品質関連の名称は基本的にCatalyst Control Centerの頃の設定名を表示しています)。

なお、GPUによっては値を変更しても実際には何も変化しない設定もあります。もし設定を変更する事で正常に動作しなくなった場合は全て「自動」に設定してからドライバを再インストールして下さい。

・特定の状況下でビデオアクセラレーション設定に何も表示されない不具合を修正

・Microsoft MPEG Video Decoder MFTおよびMicrosoft WebM MF VP8 Decoder TransformでDXVAをオン/オフ出来る様にした
Microsoft MPEG Video Decoder MFTの設定自体はMicrosoft DTV-DVD Video DecoderおよびMicrosoft H264 Video Decoder MFTと共有しています。

・トーレスログでD3D11_GetDecoderBufferとD3D11_SubmitDecoderBuffersのデータが正しく表示されていなかった不具合を修正

・WindowsXPのサポートを終了

・細かな変更と修正

http://bluesky23.yukishigure.com/DXVAChecker.html

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

忍者 P R

PR