忍者ブログ

Crimson ReLive EditionのVP9デコード支援はデフォルトで無効?

Crimson ReLive EditionでVP9のデコード支援に対応したとありますが、DXVA Checkerで調べてみてもVP9は存在しないので調べてみると、レジストリのUMD\DXVAに「VForceOCLVP9」があってこの値が「0」になっていました。

そこでこのキーを削除するかもしくは値を「1」にすると「VP9_VLD_Profile0」が表示される様になり、

ChromeでもDXVAによるデコードが(効果はともかく)有効になる事が確認出来ました。

「VForceOCLVP9」はinfファイルには「ati2mtag_SoftwareDeviceSettings」内に記述されているため、GPUによって結果が異なるという事はないはずなので、デフォルトでDXVAによるVP9のデコード支援が有効になる事はないと思います(リリスノートで対応を謳っておきながらこれは・・・)。

それとも(考えにくい事ですが)ReLive Editionでの対応はDXVAではなく独自APIでの対応となり、GoogleがAMDからその仕様を受け取って個別対応したとか?

何にせよ現時点で真相は不明です。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

VForceOCLVP9 ってことは OpenCLでVP9をデコードするってことかもしれません

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

忍者 P R

PR